スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前立腺がんワクチン療法を開始へ=高度医療に承認―久留米大(時事通信)

 厚生労働省の先進医療専門家会議は18日、久留米大学(福岡県)が申請していた前立腺がんのペプチドワクチン療法を「高度医療」として承認した。来月にも同大病院でスタートする。
 高度医療は、新たな医療技術について例外的に保険診療との併用を認める制度で、国内外未承認の薬剤が認められたのは初めてという。
 この療法は、免疫細胞ががんを攻撃する際の目印となるたんぱく質の断片(ペプチド)を投与し、免疫細胞を増殖・活性化させる方法。同病院での治療は、ホルモン療法が効かなくなった進行期の前立腺がんを対象とし、20種類のペプチドの中から患者に合わせて3、4種類を選んで投与する。 

【関連ニュース】
【特集】健康になりたい!メタボにはこれが利く
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待
団鬼六さんが食道がん公表
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査

日韓外相会談、哨戒艦沈没で連携確認 岡田外相、竹島では「抑制を」(産経新聞)
米へ密入国?引き返し便の2人、旅券所持せず(読売新聞)
「市民に不快感」 職員のひげ禁止 伊勢崎市(産経新聞)
小沢幹事長、東京地検が3度目の事情聴取(読売新聞)
ゴクミ、2年ぶりCM出演で「ミネラルの女神」
スポンサーサイト

あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か-京都府警(時事通信)

 10日午前2時5分ごろ、京都府舞鶴市行永東町のコンビニ「ローソン国立舞鶴病院前店」で、客を装った男が女性店員(36)に包丁を突き付け、「レジを開けろ、刺すぞ」と脅迫した。店員が「お金は渡せない」と抵抗すると、男は何も取らず逃走した。店員にけがはなかった。
 110番を受けた府警舞鶴署員が男の行方を捜していたところ、約1時間後に服装や人相、持ち物などがよく似た男を発見。男は文化包丁を所持していたため、同署は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、男は海上自衛隊員(19)で、海自舞鶴地方総監部によると、イージス艦「あたご」乗組員で海士長という。 

8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警(時事通信)
メタボ健診、対象と知りながら未受診が3割(医療介護CBニュース)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
演奏家宅からコントラバスなど5300万円相当盗まれる 東京・三鷹(産経新聞)
サイバー攻撃への対応強化=政府(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。